Partial correction部分矯正

部分矯正とは?

気になる部分を重点的に治療します。例えば前歯の段差を整えたり、隙間を閉じたりといった治療です。部分矯正では噛み合わせやエステティックラインの改善までは行えないこともある一方で、歯の移動量を小さくすることで全顎矯正に比べて治療期間や費用を抑えることができます。その他にマウスピース部分矯正の特徴として部分矯正でも全ての歯を動かすことができるということがあります。ワイヤーを使った部分矯正では一部の歯のみに装置をつけるのに対して、マウスピース部分矯正では歯列全体にマウスピースを装着します。したがって移動量は限られますが部分矯正でも歯列全体を動かすことができます。マウスピース部分矯正では交換するマウスピースの数を制限し、その制限枚数内でできるだけ歯を綺麗に並べていきます。

矯正前イメージ
矯正後イメージ

QUALITY部分矯正 最大の特徴

  • quality.01

    治療期間と費用を抑えることができます

    矯正治療は時間と費用がかかるため気軽にできるものではありません。部分矯正では限られた時間と予算の中でできる範囲で歯列矯正を行います。シミュレーションをご確認いただき、ご希望に沿うようであれば矯正治療を比較的簡単に始めることができます。

  • quality.02

    部分矯正ですが歯列全体を動かします

    マウスピース部分矯正は上下の歯全体にマウスピースを装着します。したがって移動量や移動方向に制限はありますが、一部の歯だけではなく歯列全体を動かします。見た目の改善を重視しながら、噛み合わせを崩すことのないように配慮した部分矯正を行います。

  • quality.03

    ワイヤー矯正を組み合わせることがあります

    マウスピース部分矯正に裏側部分矯正を組み合わせることで、よりよい治療結果を目指すことが可能です。例えば歯のがたつきをワイヤー矯正で改善し、その後マウスピース矯正で噛み合わせを整えます。期間や費用が限られている場合には有効な治療法です。

condition of success部分矯正 5つの真実

  • マウスピース部分矯正は一部の歯にマウスピースをつけるのですか?
    ワイヤーでの部分矯正は一部の歯のみに装置を付け医療を行いますが、マウスピース部分矯正は全体の歯を覆うマウスピースを装着していただきます。したがって前歯は動かすことができ、奥歯を動かせないといったことはありません。使用するマウスピースの種類や数によって移動量や移動方向が異なってきます。
  • マウスピースの数や種類によってどのような違いが出てきますか?
    マウスピース矯正ではインビザラインの場合通常1装置で歯を0.25mm動かし、アソアライナーの場合は2装置で歯を1.0mm動かします。したがって歯の移動量は装置の数×0.25mmまたは0.5mmとなります。またインビザラインの方が1装置での歯の移動量は少ないですが、より複雑に歯を動かすことができます。
  • 部分マウスピース矯正はどこで受けても大体仕上がりは同程度ですか?
    部分矯正治療はマウスピースの数を制限するため、効率の良い歯の移動が必要です。そのためには正確な治療計画と精密な歯型が不可欠です。従って治療経験と歯型取りの技術が治療結果に影響します。またインビザラインにおいては口腔内スキャナの導入により従来のシリコン印象に比べ精度が向上しています。
  • 治療途中で部分矯正から全体矯正へ変更することはできますか?
    アソアライナー、インビザラインi7、インビザラインライト(マウスピース14装置以内)の部分矯正ではマウスピース製作後には全体矯正へ移行することができません。最初の治療計画で15装置以上の部分矯正を予定している場合には差額の費用負担で歯型の取り直しなく、全体矯正に移行することが可能です。
  • 部分矯正では治療後に気をつけることはないですか?
    部分矯正では半年程で歯並びがある程度綺麗になることが多いため、その後のメインテナンスについてあまり注意されない傾向にあります。しかしながら歯は周囲の骨や繊維と結合しており、治療後しばらくは前の歯並びに戻ろうとします。部分矯正でも全体矯正と同じように治療後約2年間の保定が必要です。

message部分矯正をお考えの方へ専門医からのメッセージ

今の部分矯正は従来のものとは異なります

インビザラインや口腔内スキャナの登場により、部分矯正の適用範囲が広がり、また以前よりもより良い治療結果を目指せるようになっています。シミュレーションで治療後の歯並びが一目で分かりますので迷っている場合には一度シミュレーションをご覧になってみてください。部分矯正で思ったよりも歯並びが改善できるかもしれません。

recommend部分矯正はこのような方に特におすすめです

費用や時間が限られている場合には部分矯正は一つの選択肢です。部分矯正でどの程度まで歯並びや噛み合わせが改善できるのかはシミュレーションで治療前に確認できるため、治療後にイメージと違ったということはありません。

痛みや滑舌など矯正治療に不安がある方はまずは部分矯正から始めてみるといい場合があります。もし部分矯正を受けられて、もう少し治療してみたいと思われた場合には全体矯正を考えます。治療費や期間についてはご相談ください。

目的別矯正の種類TYPE OF PURPOSE

部分矯正
ご希望に応じて、歯並びの気になる部分だけを治療します。一部だけの治療となるので費用や期間を抑えることができます。ただし噛み合わせやご希望によっては部分矯正では治療できない場合もあります。
スピード矯正
スピード矯正は歯列矯正の治療期間を大幅に短縮します。種々の方法がありますが、大阪「梅田アライン」では裏側部分矯正や矯正用インプラントを併用したハイブリッド矯正により治療期間を約25%短縮します。
開咬矯正
上下の前歯が当たらない噛み合わせを開咬といいますが、大阪「梅田リンガル」は開咬の治療を得意としています。単に上下の前歯を伸ばすだけではなく、奥歯の高さを変えることで前歯が噛み合うように治療しています。

梅田アラインだけの価値

マウスピース矯正×裏側矯正 = 短期治療の実現

ハイブリッド矯正

裏側矯正専門医しか実現できない「次世代スタンダード」

umeda align梅田アライン
umeda lingual梅田リンガル

通常治療より平均25%の期間短縮

マウスピース矯正には得意な歯の移動と不得意な歯の移動があります。
そこで大阪「梅田アライン」は必要に応じて部分裏側矯正と矯正用インプラントを併用した矯正治療(ハイブリッド矯正)で治療期間を大幅に短縮します。

次に「専門医が解決!お悩み相談」を見る

装置が目立たない矯正治療を専門的に行っている医院は多くはありません。そこで、一般的によくあるマウスピース矯正治療についてのご質問の他にマウスピース矯正や装置が目立たない矯正治療ならではのご質問にお答えします。