mouthpiece correctionマウスピース矯正

マウスピース矯正とは?

マウスピース矯正は歯に透明な矯正装置を装着することで歯を動かします。このマウスピースは歯を少しだけ動かした模型やシミュレーション上で作られており、実際の歯とは「ずれ」があります。マウスピースを装着するとこの計画的なずれの分だけ歯が動きます。マウスピースの交換を定期的に行うことで、歯を意図する方向に動かしていくことができます。マウスピース矯正は様々な種類が考案されており、歯を動かす仕組みは同じですが製作方法、材質、補助装置が違うためそれぞれの装置に特徴があります。マウスピース矯正サロン「梅田アライン」では8種類のマウスピース矯正装置の中から特徴ある2種を採用し使用しています。

インビザライン
アソアライナー

QUALITYマウスピース矯正 最大の特徴

  • quality.01

    無色透明で装置が目立ちません。

    マウスピースは透明なので歯に装着してもほとんど見えません。矯正治療を見た目の問題から敬遠されていた方も気軽に始められます。

  • quality.02

    違和感がなく取り外しも可能です。

    趣味や部活動、お仕事の都合でお口の中の違和感が気になる方でもマウスピース矯正なら快適に治療を受けていただくことができます。

  • quality.03

    歯列矯正と同時にホワイトニングが可能です。

    口元の印象で大切なのは歯並びと歯の色調です。マウスピース矯正ではこの歯並びと歯の色調を同時に改善することができます。

condition of successマウスピース矯正 5つの真実

  • ワイヤー矯正治療に比べて痛くない?
    歯の移動量をシミュレーションで精密にコントロールしているため、ワイヤー矯正に比べ痛みが少ないです。また矯正装置による口内炎の痛みもありません。
  • 治療期間が長いのでは?
    マウスピース矯正治療の方が治療期間が短いケースもあります。コンピュータシミュレーションで治療計画を作成するため、無駄な歯の動きがありません。
  • ワイヤー矯正に比べて綺麗に治らないのでは?
    ワイヤー矯正とは歯の動かし方が異なるため、マウスピース矯正治療ならではの治療計画を作成することによりワイヤー矯正と同様の結果が得られます。
  • 難しいケースには対応できないのでは?
    インビザラインはアタッチメントにより歯の動きをより正確にコントロールすることができます。抜歯を伴うような難しい症例にも適用することができます。
  • どこでやっても同じなの?
    マウスピース矯正は多数の医院で受けられます。ただし豊富なマウスピース矯正治経験、口腔内スキャナなどの設備があるかによって治療結果に違いが出ます。

messageマウスピース矯正をお考えの方へ専門医からのメッセージ

マウスピース矯正の可能性

マウスピース矯正は以前に比べどんどん進化しています。これまでに一度マウスピース矯正では治療が難しいと診断された方でもマウスピース矯正で治療ができる可能性があります。また口腔内スキャナ(光学印象)の導入により、より精密なマウスピースが短時間で製作できるようになりました。装置製作のための歯型とりが必要ありませんので歯型とりが苦手な方もご相談ください。

recommendマウスピース矯正はこのような方に特におすすめです

お仕事などの理由から滑舌が気になる方にはマウスピース矯正がお勧めです。見た目の問題だけなら裏側矯正で対応できますが、アナウンサーなど特に発音が大切な方にはマウスピース矯正の方が適正だと言えるでしょう。

お住まいがご遠方だったり、お忙しく毎月の通院が難しい方にお勧めです。マウスピース矯正は通院間隔をシミュレーションにてコントロールできます。最初の数回を除き、通院頻度は3ヶ月に一回程度です。

歯列矯正の種類TYPE OF TREATMENT

マウスピース矯正
無色透明の薄いプラスチック製のマウスピースを定期的に交換していくことで歯を動かします。現状の歯並びとマウスピースとの間に人工的にわずかなずれを生じさせることにより、歯に力を加えていきます。
ワイヤー矯正
ワイヤーを装着するための矯正装置を歯に接着し、そこにワイヤーを入れることにより歯に力を加えます。ワイヤーの太さや材質、形状を変えることで歯の位置をコントロールしていきます。
インプラント矯正
あごの骨に小さなチタン合金のネジを入れ、そこから歯を牽引したり固定したりする方法です。奥歯を支点にして歯を動かす従来の方法に比べ、歯の動きを素早く、また正確にコントロールすることができます。

梅田アラインだけの価値

マウスピース矯正×裏側矯正 = 短期治療の実現

ハイブリッド矯正

裏側矯正専門医しか実現できない「次世代スタンダード」

umeda align梅田アライン
umeda lingual梅田リンガル

通常治療より平均25%の期間短縮

マウスピース矯正には得意な歯の移動と不得意な歯の移動があります。
そこで大阪「梅田アライン」は必要に応じて部分裏側矯正と矯正用インプラントを併用した矯正治療(ハイブリッド矯正)で治療期間を大幅に短縮します。

次に「目的別矯正」を見る

一人一人歯並びやご希望が異なります。梅田アラインでは初診コンサルテーションで患者様のご希望をしっかりとお聞きし、その上で歯並びの状態に合った治療方針を検討します。当院では患者様の治療目的によって様々なご提案ができるように努めています。