ORTHODONTIC IMPLANTインプラント矯正

インプラント矯正とは?

矯正用インプラント(歯科矯正用アンカースクリュー)を補助的に使用する歯列矯正です。歯を動かす際には作用と反作用があるため、矯正治療中には動かしたくない歯まで動いてしまうことがあります。従来は比較的動きにくい奥歯を土台として利用したり、ヘッドギア(ヘルメットのような器具)から奥歯を牽引したりしていました。しかしながら奥歯は他の歯より動きにくいとはいえ土台としては不十分な場合があり、またヘッドギアなどの器具は継続的に使用することが難しいという問題がありました。矯正用インプラントはそれらの問題を解決し、歯の動きを精密に制御することができ、また治療期間を大幅に短縮することができます。

インプラント矯正イメージ

QUALITYインプラント矯正 最大の特徴

  • quality.01

    矯正用インプラント手術は簡単です。

    無痛麻酔を行ってから約5分で手術は完了します。術後の腫れや痛みもほとんどありません。ただし、インプラントを入れる場所や角度は重要です。CTの分析により場所と角度の設定には十分検討を行います。

  • quality.02

    治療期間を短縮することができます。

    例えばマウスピース矯正では一度に複数の歯を後方に移動することはできません。インプラントを使用すると同時に複数の歯を移動することができるので大幅な治療期間の短縮ができるようになります。

  • quality.03

    マウスピース矯正の可能性が広がります。

    インプラントを併用することでこれまで歯を抜かないと治療できなかったようなケースでも歯を抜かずに治療できることもあり、またこれまで難しかった下顎大臼歯の後方向への移動が可能となります。

condition of successインプラント矯正 5つの真実

  • インプラント矯正の方が痛いのでは?
    手術の際には麻酔を行います。電動の麻酔器で行えば、麻酔の痛みはほとんどありません。さらに麻酔が効いているうちに処置は5分程度で終わるため、インプラントを入れる際に痛みを感じることはありません。
  • インプラントなしでも歯列矯正はできるのでは?
    インプラントを使わなくても治療が可能なケースが半数以上です。ただし、中にはインプラントを使用することで大きなメリットが得られる場合があります。そのようなケースではインプラントの併用をご提案します。
  • インプラント手術の危険性はありますか?
    インプラント手術で起こり得るのがインプラントの破折です。当院ではインプランター(インプラントを入れる専用の機械)を使用することで、力や速度を正確にコントロールし、インプラントの破折を防止しています。
  • インプラントを使用する目的は何ですか?
    歯に力をかける目的で使用します。従来は比較的動きにくい奥歯を土台として他の歯を動かしていましたが、様々な治療上の制約がありました。インプラントを併用することでより簡便に治療ができるようになっています。
  • インプラントは矯正治療終了後どうなるのですか?
    治療が終わりましたら不要となるため除去します。矯正用インプラントは麻酔なしで簡単に外すことができます。インプラントが入っていた部分の傷は2、3日で綺麗になり、骨の穴は1ヶ月程度で埋まってきます。

messageインプラント矯正をお考えの方へ専門医からのメッセージ

痛くないインプラント手術

インプラントの手術はどうしても怖いと言われてしまうことが少なくありません。そのような患者様でも実際インプラント手術を受けてみると簡単に終わることに驚かれることがしばしばです。したがって、もしインプラントを併用することで治療期間を大幅に短縮できる場合や小臼歯の抜歯をしないですむ場合などインプラントを併用することで大きなメリットを得られることが予測される際には前向きにインプラント矯正を検討していただければと思います。

recommendインプラント矯正はこのような方に特におすすめです

受け口や開咬でお悩みの方

受け口の場合には下の歯の後方への移動が必要です。このような歯の移動はインプラントを併用しなければできない治療となります。また上下の前歯が離れている場合には前歯を単純に伸ばす方向に移動する方法もありますが、奥歯の当たりを弱くする方法が適切な場合があり、その際にはインプラントが必要になります。

できるだけ早く治療を終えたい方

上の歯を後方に移動したい場合、マウスピース矯正単独の治療では奥歯から順番に1本1本動かしていくというシステムで歯を移動します。その場合、移動が1本ずつなので治療期間がどうしても長くなる傾向にあります。インプラントを併用すれば複数の歯を同時に移動できるため治療期間を大幅に短縮することが可能です。

歯列矯正の種類TYPE OF TREATMENT

マウスピース矯正
無色透明の薄いプラスチック製のマウスピースを定期的に交換していくことで歯を動かします。現状の歯並びとマウスピースとの間に人工的にわずかなずれを生じさせることにより、歯に力を加えていきます。
ワイヤー矯正
ワイヤーを装着するための矯正装置を歯に接着し、そこにワイヤーを入れることにより歯に力を加えます。ワイヤーの太さや材質、形状を変えることで歯の位置をコントロールしていきます。
インプラント矯正
あごの骨に小さなチタン合金のネジを入れ、そこから歯を牽引したり固定したりする方法です。奥歯を支点にして歯を動かす従来の方法に比べ、歯の動きを素早く、また正確にコントロールすることができます。

梅田アラインだけの価値

マウスピース矯正×裏側矯正 = 短期治療の実現

ハイブリッド矯正

裏側矯正専門医しか実現できない「次世代スタンダード」

umeda align梅田アライン
umeda lingual梅田リンガル

通常治療より平均25%の期間短縮

マウスピース矯正には得意な歯の移動と不得意な歯の移動があります。
そこで大阪「梅田アライン」は必要に応じて部分裏側矯正と矯正用インプラントを併用した矯正治療(ハイブリッド矯正)で治療期間を大幅に短縮します。

次に「目的別矯正」を見る

矯正治療には人それぞれ目的があります。学術的に正しい治療やドクターが行いたい治療が患者様にとって最も有益とは限りません。梅田アラインでは初診コンサルテーションで患者様とじっくりとお話をし、患者様1人1人に合った矯正治療をご提供できるように努めています。考えられる治療方法とそのシミュレーションをご覧頂き、治療方針をご選択いただいています。