asoalignerアソアライナーについて

アソアライナーの特徴

アソアライナーは寸法安定性に優れ、吸水性が少ない上に毒性のないポリエチレンテレフタラート製のマウスピース矯正装置です。この矯正装置は1998年に韓国のDr.Kimによって考案され、クリアライナーと命名されました。この名前は世界中でマウスピース矯正装置と同義で使用されるまでになり、日本では「アソインターナショナル」が製作するアソアライナーなどがあります。アソインターナショナルは矯正装置を専門的に製作する数少ない技工所です。

QUALITYアソアライナー 最大の特徴

アソアライナーは歯型とりを行ってから約10日間で製作することができます。これはインビザラインや裏側矯正装置製作期間の3分の1以下です。また約一ヶ月おきに新しいマウスピースを製作しますので、虫歯や歯の根の治療をしながら矯正治療を進めていくことができます。一方で複雑な歯の動きには対応していないため、歯の移動量が少ないケースや矯正治療後の後戻りの修正、またワイヤー矯正やインビザライン矯正の前処置として有用な装置です。

asoaligner
  • quality.01

    来院回数

    一ヶ月に1回歯型をとり、新しい装置を製作します。一回の歯型で2〜3個の装置を製作し、約1mm歯を動かします。

  • quality.02

    適応症例

    複雑な歯の動きには対応できませんが、症例を適切に選択すればしっかりと歯を移動することが可能です。

  • quality.03

    矯正費用

    特殊な分析ソフトや3Dシミュレーションが必要ないため、他のマウスピース矯正治療に比べ費用は安価です。

  • quality.04

    ポイント

    必要とする歯の移動量が少ない場合には、アソアライナーを使用することにより装置の製作期間と費用を抑えることができます。

アソアライナーについてよくある質問

  • 1日何時間マウスピースを使用しなければなりませんか?
    1日17時間以上を推奨しています。なるべく装置を長い時間お使いいただくと、歯の移動がスムーズです。
  • マウスピースの違和感はありませんか?
    アソアライナーは厚みが0.75mmと大変薄く、また歯茎をある程度覆う事により、マウスピースの縁の違和感が軽減されています。
  • 汚れは簡単に落ちますか?
    専用の洗浄剤に浸け置きすることで比較的簡単に汚れは落ちます。また2週間で装置を交換するため、汚れてもすぐに新しい装置に交換となります。
  • 装置をつけたまま飲食は可能ですか?
    外出中などでどうしても外すことが難しい場合には柔らかい食べ物や糖分や着色物を含まない飲み物であれば装置をつけたまま飲食は可能です。

recommendアソアライナーはこのような方に特におすすめです

  • 以前矯正治療をして一旦は歯並びが綺麗になったが、少し歯並びが戻ってしまった方
  • 現在虫歯や歯の根の治療を行っており、その治療が終わる前に早く矯正治療を始めたい方
  • 元々歯並びがある程度整っており、一部の歯並びのずれを装置が目立たない矯正治療で治したい方
  • 歯並びや噛み合わせのずれは大きいが、ひとまずずれが目立つ部分だけを治療したい方
  • 上下の歯の重なりが大きく、ワイヤー矯正装置では部分矯正が難しいと診断された方
  • 歯の色調が暗く、歯並びも気になるため、矯正治療と同時に歯のホワイトニングもしたい方

梅田アラインだけの価値

マウスピース矯正×裏側矯正 = 短期治療の実現

ハイブリッド矯正

裏側矯正専門医しか実現できない「次世代スタンダード」

umeda align梅田アライン
umeda lingual梅田リンガル

通常治療より平均25%の期間短縮

マウスピース矯正には得意な歯の移動と不得意な歯の移動があります。
そこで大阪「梅田アライン」は必要に応じて部分裏側矯正と矯正用インプラントを併用した矯正治療(ハイブリッド矯正)で治療期間を大幅に短縮します。

次に「インビザラインについて」を見る

アソアライナーとインビザラインは共にマウスピース矯正装置装置です。マウスピース矯正装置の特徴として無色透明で取り外すことができ、一定期間ごとにマウスピースを交換することで少しずつ歯を動かしてきます。これらの性質は全てのマウスピース矯正装置で共通することですが、アソアライナーとインビザラインとでは素材、製作方法、製作場所、適用症例、費用などの違いがあります。これらの違いやご希望に応じて最適な装置を選ぶ必要があります。