consultation専門医が解決!お悩み相談

大阪「梅田アライン」で利用しているセファロ分析ソフトの機能

noimage

大阪「梅田アライン」ではセファロ分析ソフトを用いて頭部X線規格写真の解析を行なっています。セファロ分析については前回のブログをご参照いただければと思います。

大学病院の矯正科や矯正専門医院ではセファロ分析を行う際に「Win Ceph」や「Cephalometorics AtoZ」という専用ソフトを使用する場合がほとんどです。手作業で分析を行うこともできますが、効率的に分析を行うため、また見やすい資料を製作するために「Cephalometorics AtoZ」を採用しています。今回はセファロ分析から診断の際にご用意させていただく資料について簡単にご説明させていただきます。

ポリゴン表

セファロ分析からわかる角度や長さをグラフにすることで、平均値から逸脱している部位が一目で分かります。太線の枠内に計測値が収まっている場合は正常値と判断します。

このポリゴン表には主に線分析と角度分析があります。

線分析とは

各部位の長さを計測します。様々な距離を分析することで、顔面頭蓋の種々の大きさを評価します。

角度分析とは

SN平面(トルコ鞍の中心点と鼻骨前頭縫合を結ぶ線)などの基準平面に対する歯や骨の角度を計測します。

フェイシャルダイヤグラム

平均値を簡単な絵で表し、患者さんのデータと重ね合わせをします。絵にすることで、骨の大きさや角度の平均値からのずれを視覚的に見ることができます。

CDS分析

平均値から作られる簡単な絵と重ね合わせをします。フェイシャルダイヤグラムとの大きな違いは軟組織(口元)の形態も評価することができます。

軟組織の治療シミュレーション

セファロメトリックスAtoZでは歯の移動による唇の形態変化のシミュレーションを行うことができます。例えば下あご全体を手術により後方に移動した場合の横顔の変化などをシミュレーションすることができます。

セファロ分析ソフトを使用することで、このような様々な分析結果を効率的に出力することができます。大阪「梅田アライン」ではこれらの資料を元に、1人1人の患者様の不正咬合の原因に応じた治療方針をご提案しています。

 

 

 

 

Medical deduction医療費控除シミュレーション

dental loanデンタルローンについて