consultation専門医が解決!お悩み相談

マウスピース矯正のデメリットはないですか?

noimage

もちろんマウスピース矯正にはデメリットもあります。マウスピース矯正はメリットばかりを強調されることが多いですが、大阪「梅田アライン」はマウスピース矯正専門サロンとして患者様にデメリットもしっかりとお伝えします。

①マウスピースを長時間歯に装着する必要がある。

マウスピースを装着する時間が短いと計画通りに歯は動きません。ワイヤー矯正では装置を自分では取り外すことができないため、24時間歯に強制力が加わります。マウスピースでは装置を装着している間のみ強制力が歯に加わるので20時間以上の使用を推奨しています。

②歯並びによってはマウスピース矯正では治療が難しい場合がある

大臼歯の前方移動や5mm以上の隙間を閉じるような歯の移動に関してはマウスピース矯正では難しいことや治療期間が大幅に伸びてしまうということがあります。その場合、ワイヤー矯正や矯正用インプラントを併用する場合があります。

③マウスピースで適切に治療するためには治療計画が複雑になる場合がある

マウスピース矯正の治療シミュレーション(クリンチェック)は綿密に計画する必要があります。単に歯を並べていくだけでは治療計画通りに歯は動きません。例えば大臼歯の後方移動では何本かを同時に動かすのではなく1本ずつ歯を移動したり、動きにくい歯を動かす場合には通常1つのマウスピースで歯を動かす移動量をあえて半分に設定したりといった細かい調整を行う必要があります。

④取り外しが面倒

食事をする際にはマウスピースを一旦取り外す必要があります。自宅ではそれほど難しいことではありませんが、出先などでは不便な思いをされるかもしれません。また再装着する際にはなるべく歯磨後を推奨しています。

⑤マウスピースを何度か作り直すことがある

治療期間やマウスピースの装着時間によっては次第にマウスピースが歯にぴったりと合わなくなってくる場合があります。その際には追加の費用はかかりませんが、口腔内の再スキャンおよびマウスピースの再製作が必要となります。

マウスピース矯正には以上の様なデメリットがあります。これらのデメリット以上に様々なメリットもありますので両方の情報を知った上でマウスピース矯正を受けていただきたいと思っています。

Medical deduction医療費控除シミュレーション

dental loanデンタルローンについて