consultation専門医が解決!お悩み相談

矯正治療後の後戻りって治せないの?

noimage

矯正治療を子供の頃に受けて一旦歯並びが綺麗になっても、その後の保定装置(リテーナー)をあまり使用できなかったという理由から、また咬合力や舌、唇の力によって経年的に動くという理由から、歯並びが少しずれてしまうということがあります。そこでまた歯並びを綺麗にしようと思っても、もう一度矯正装置を歯に付けるのは抵抗があるという方や少しのズレなのでわざわざ装置をつけるまでもないと思われている方が多いのではないでしょうか?費用の面からも一度目の矯正治療でそれ相応の金額がかかっており、また同じ費用がかかるかもしれないといった心配もあるかと思います。

そんな時このような後戻りの再治療にはマウスピース矯正治療が一つの選択肢となります。マウスピース矯正装置の「インビザライン」や「アソアライナー」は必要とする歯の移動量が少なければ治療期間や費用を大幅に抑えることができます。またマウスピース矯正装置は無色透明で厚さは1mm以下なのでワイヤー矯正に比べると見た目が良く、違和感が少ないというメリットもあります。

矯正治療を一度受けられている場合には初めての矯正治療に比べて簡単に治療を行うことができる場合が多いので、もし矯正治療後の後戻りが気になられている方がいらっしゃいましたらマウスピース矯正を一つの選択肢として考えられるといいのではないでしょうか。

Medical deduction医療費控除シミュレーション

dental loanデンタルローンについて